スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明・神崎元代表が最後の質問 4月1日に引退表明へ(産経新聞)

 任期満了前の議員辞職を決めた公明党元代表の神崎武法常任顧問(66)が30日の衆院法務委員会で在職最後の質問に立った。

 神崎氏は4月1日の党中央幹事会で体調不良を理由に引退を表明し、早ければ今週中にも衆院本会議で辞表がはかられる。

 神崎氏は30日、節目節目で着けてきた赤いネクタイで委員会の質問席に立ち、議題の国際受刑者移送法一部改正案について、千葉景子法相の見解を細かな数字をあげながら約30分間、淡々とただした。

 最後に、法相から「この間、司法行政に大変お力を頂いたことに感謝を申し上げる」とねぎらわれると、相好を崩していた。

 神崎氏は昭和58年12月に初当選し、当選9回。初質問も26年前の衆院法務委だった。

【関連記事】
神崎元公明代表、引退へ 坂口副代表も勇退検討 自民離れ加速
公明新代表に山口氏内定 新執行部は8日決定へ
投票先で「みんなの党」がついに10%
「政治とカネ」協議機関に自、共が難色 公明も自民外しに異論
公明・山口代表、参院福岡選挙区での擁立に含み
あれから、15年 地下鉄サリン事件

外相、米国へ出発(時事通信)
<突き落とし>容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(毎日新聞)
郵政政策会議、決定過程に異論出ず=30日、閣僚懇で調整(時事通信)
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。